差し込む

コンセント(ソケット)とは、電源の供給口の事でこのソケットにプラグを差し込んで電源を電子機器に供給することが出来ます。
現在、家電製品や様々な電子機器が登場し、種類と用途は多種多様になりました。
どのような家電製品、電子機器であれ動作には電気を必要とします。
電源と電子機器の関係は切っても切れない関係にあります。

私達の生活の根底にも電子機器、電化製品の及ぼす影響は強く、生活に強く関わっています。
電化製品を使うにはソケットが必要になりますが、ソケットには限りがあります。
沢山の種類が存在する電化製品を使おうと思ってもソケットが無ければ使うことは出来ません。
そこで、ソケットをより良いものに交換する方法とソケット事態を増設してしまう方法が存在します。
ソケットの交換は、今現在日本で普及しているソケットはダブルコンセントというプラグの差込口が2つあるソケットです。
このダブルコンセントをトリプルコンセントという、差込口が3つに増えたソケットに交換することで、使える電化製品の種類を多くすることが出来ます。
しかし、ソケットの交換では限界が出てきます。
その時の手段として、ソケットの増設が挙げられます。
ソケットを増設する事により使える電化製品が増えるのはもちろんの事、多種多様なソケットから選んで増設することが出来るため、より利便性の高いソケットを使うことが出来るようになります。
しかし、ソケットを増設し過ぎるとブレーカーに負荷が掛かりすぎてしまい、ブレーカートリップというブレーカーが渦電流により落ちてしまう現象が発生します。
また、ソケットの増設にもいくつかの注意点が存在し、気をつけなければ正しく利用することが出来ません。

ソケットを増設、交換することにより快適なライフスタイルを送ることが出来ますが、正しく把握することが出来ないとかえって不便になってしまいます。
また、ソケットの交換や増設は、電気工事士の資格が必要になります。これは法律でも定められているので注意が必要です。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930