より多くの人を幸せにするnlpを学び前向きに生きよう

良い環境を作る

ノートとメガネとペン

昔、全米においてベトナム戦争で多くの人々が心に痛手を受けており、国全体が閉塞感に包まれていた時代がありました。そのため、心理学と言語学に基づき、人間のコミュニケーションに関する新しい学問が出来ましたが、それがnlpと呼ばれるものです。3人の天才と言われた心理学者達の全く異質な心理学療法には、コミュニケーション理論や患者に効果的な影響を与える手法や共通項を見出し、それを採用して万人が使えるようにシステマティックに創出したのがnlpのメソッドです。後に創始者らの弟子の多くが、多種多様な研究を重ねて、1970年に誕生したnlpは、裾野を広げて協会も作りながら、第3世代へとめざましい成長を遂げています。nlpは、コミュニケーションの学問であり、自己が無意識に行っている自分と向き合ったコミュニケーション・スキルで、現在協会もあるので、一般の人でも気軽に学べるようになっています。

現在、20年以上に渡って、全米において主流となっている3大nlpとされるところは、新しい概念を創出している事が特徴です。当初は、セラピストやカウンセリグとして利用されていましたが、欧米では、実に多彩な分野に渡って活用されており、政治家やスポーツ選手がnlpを学んでいます。そして日本においても、経営者や教育者、ビジネスパーソンを始め、カウンセラーやセラピスト、コーチ、医師、弁護士、あるいは学生や主婦といった幅広い層が支持をして、nlpのスキル・メソッドを深く学ぶ為に専門の協会の門をたたいています。国内のnlp協会では、日本の基準に特化した優れたnlpを普及させるのが目的となっていて、専門的に深く学べるワークを開催しています。日米含めて多くの協会や団体が存在します。但し、3大nlpと言われる協会においては、カリキュラムの総時間数も長いだけでなく人気も高く、基準が高く厳しい学びの場となっています。ちなみに創始者が行っている団体では、55時間以上という規定があります。様々な人々が目標達成を自己実現させるだけでなく、感情のコントロールにも効果的な成長の糧となり、更に多くの可能性を秘めた究極のコミュニケーションの手法と言えます。