より多くの人を幸せにするnlpを学び前向きに生きよう

神経や精神

資料を持つ女性

近代から現代においては、精神療法などの医療分野も発達してきました。 近代の一例に言えば、ベトナム戦争などの戦争帰還者の元軍人の方々などが、戦場での悲惨な経験を経て精神的な傷を負い、トラウマとなって心理的なカウンセリングを必要となった人達などに対する治療法の1つとしても、精神医療分野は発達してきました。 そして今回の記事のタイトルのnlpとは、Neuro Linguistic Programmingの略称です。 日本語では神経言語プログラミングを意味するワードとなります。 nlpとは言語学者のジョン・グリンダー氏と近代心理学セラピストのリチャード・バンドラー氏によって提唱された心理療法分野の1つとなります。

その内容は基本的にビデオ映像や、ある程度の定まりのある傾向の質問の内容を用いた回答を経る心理カウンセリングとしての面が強い分野です。 基本的にnlpとは、他の精神医療分野と大きな差異はありませんが、1つの特徴を端的に言葉で表すとしたら、鎮静剤や睡眠薬などを服用しつつの精神医療とは違い、哲学的な問答を多くの割合を占めさせて自己啓発的な面を強めた精神医療としての側面が強い分野となります。 例えれば、ウサギと亀のお話があるとします。 これは、このお話の内容のままに例とすれば、ウサギが先にゴールに到着するお話ですが、これのウサギの心理描写をカウンセリングを受ける人などの思考させて、その人の思考の状態などを探ったりして、今後の医療方針を決めたりする場合もあるなどの、現時点で言えば言葉での問答を踏まえた部分も多いのが特徴です。 精神医療において患者とは、脳の内部に傷を負ってしまった人と言えます。 そしてnlpとはそれを治療する方策や方針や経過をこれからも積み重ねていく哲学的な心理カウンセリングを元に患者の精神状態を整えられる様にしていく必要がある分野です。