より多くの人を幸せにするnlpを学び前向きに生きよう

人気のスポーツ

案内をする女性

ヨガインストラクターの資格は、各団体やスタジオが独自に認定しているだけなので、保育士や情報処理資格のような国家資格の類はありません。資格は免許ではない為、必ずしも資格取得が必要という事ではありません。中には養成資格を受けずに、親しい先生から個人指導を受けてヨガインストラクターになるケースもあります。但し、資格保持者は、履歴書が書きやすく、採用率が高いのも事実です。無料説明会では、1人1人の都合や希望に合わせて実技、学科のカリキュラムについて無料相談を設けて丁寧に案内しています。養成講座は、実技のポーズのみならず、学科として哲学や解剖学等も深く学びます。通常の流れとしては、所定の時間の授業を受けて、卒業認定試験をクリアし、卒業となります。短期間での養成の場合は、卒業試験は無い事がほとんどでですが、繰り返し練習する事が一番重要なのです。教わった内容は、次のレッスンまでにきちんと理解して、実技であれば、正確に実践出来るようにならなければいけません。

気になる卒業後の進路は、主に提携している協会や教室で認定インストラクターとして活躍する事も多く、とても心強いです。勿論、独立開業のサポートにも力を入れています。養成講座を実施しているスタジオは、そのまま所属のヨガインストラクターとして採用する制度によっては、一般のクラスを担当する前に、卒業した養成講座や模擬レッスンで講師役を務めて実践経験を積ませ不安を取り除くシステムを組み入れている事もあります。他の施設を紹介する制度もありますが、ロイヤリティーが発生し、レッスン代の15%前後を支払う義務が生じるので契約する際は確認が大事です。次に、養成を受けた講師やレッスンを受けた先生に相談して紹介してもらう場合は、完全にフリーの扱いですからロイヤリティーも発生しません。最後にオーディションによるデビューです。特に既存のフィットネスクラブが新店舗をオープンさせる際に、知名度の高い人気のある講師をレッスンを担当させ、集客力を高める代わりに高い報酬を支払うので、集客が見込めない時間枠にフィーの少ない新人のヨガインストラクターに受け持ってもらう事が多く、チャンスも広がります。但し、競争率も高くなります。